点描2

petika2.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2016年 06月 30日

驚きました

e0068873_12555690.jpg
ミドリ色に光ってみえるのはヒカリゴケ。
魅入ってしまう美しさです。


e0068873_1256825.jpg
驚きの光景でした。
  (撮影は昨日)
[PR]

by utinopetika2 | 2016-06-30 19:50 | Trackback | Comments(2)
2016年 06月 29日

こんなところがあるんだ


e0068873_23563753.jpg
数年前からお願いしていたとても珍しい沢。


e0068873_23572031.jpg
白い水が流れているわけではありません。
岩が真っ白なのです。


e0068873_2358552.jpg
お約束で場所を掲載する事はできませんが、私の知らない世界でした。


e0068873_8362749.jpg
足の置き場が無いくらいの高山植物。
こんなところがあるんですね。
[PR]

by utinopetika2 | 2016-06-29 23:59 | Trackback | Comments(6)
2016年 06月 28日

池の畔のデスゾーン

e0068873_21233912.jpg
風光明媚な池。


e0068873_21242834.jpg
池の畔にはたくさんのモウセンゴケ。
捕らえられていたのはトンボ。


e0068873_21253463.jpg
モウセンゴケを触ってみたところ、接着材のような粘着力ではありませんが、トンボを捕らえるには十分なのでしょう。
近くには大きなアリがモウセンゴケが捕らえたトンボを横取りしています。
大きなアリにはモウセンゴケの粘液は怖くはないようです。


e0068873_21324063.jpg
CM撮影にも使われた美しい御謝鹿池。
トンボにとって、池の畔は地獄絵のようでした。
   (撮影は先日)
[PR]

by utinopetika2 | 2016-06-28 21:34 | Trackback | Comments(2)
2016年 06月 27日

山、時々刻々

e0068873_18405014.jpg
八ヶ岳連峰の裾野から富士山。
梅雨時にくっきり見えるのは珍しいと聞きました。

e0068873_18412784.jpg
車山ではニッコウキスゲが咲きだしました。


e0068873_18442082.jpg
腹ごしらえは蕎麦。


e0068873_18452968.jpg
八島ヶ原湿原。
ビーナスラインを通る度に歩いています。


e0068873_1847148.jpg
ご機嫌な木道歩き。


e0068873_18482364.jpg
標高2034Mにある宿は、大のお気に入りです。
夕方から雨になり展望はナシ。


e0068873_18532456.jpg
深夜、窓からは松本市の灯りが・・・雨は上がり、朝には雲海が広がっている事を期待しました。


e0068873_18582629.jpg
4時に起床し散策。
雲海は無く、上空には厚い雲が覆っています。


e0068873_19145.jpg
美ヶ原の朝。
湧き出る雲が良い感じです。


e0068873_1923539.jpg
時々刻々。


e0068873_19535.jpg
夢中でシャッターを切りました。


e0068873_1953537.jpg
日の出の時間を迎えても太陽は拝めません。
美ヶ原も雲に覆われていきます。


e0068873_1965677.jpg
鮮やかなレンゲツツジ。
八ヶ岳に登ったこの日、山の中腹から上は雲に覆われてしまいました。
   (撮影は先日)
[PR]

by utinopetika2 | 2016-06-27 20:50 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 26日

目を閉じれば・・・

e0068873_225434.jpg
ロープウェイを利用してサクッと山登り・・・
中腹からはガスガス視界不良の真っ白登山。


e0068873_2265954.jpg
あっという間に2,237m
きっと山頂は雲の上・・・そんな事を思い描き登ります。


e0068873_22323820.jpg
とても歩きやすい山道。


e0068873_22153817.jpg
眼下には大パノラマが広がっているはず・・・
目を閉じれば、絶景が浮かんできます(ホントカ)


e0068873_22184928.jpg
山頂直下の池。
ここでも目をつぶり、思い描いてみます。


e0068873_22195636.jpg
初めて見たオサバグサ?


e0068873_22204821.jpg
ビックリするほど大きなウラジロヨウラク。


e0068873_22215051.jpg
初めてみた丸いコケのようなもの。
地衣類でしょうか?


e0068873_22233534.jpg
梅雨時の山登りは、雨に降られないだけヨシとしませんとね。
[PR]

by utinopetika2 | 2016-06-26 22:34 | Trackback | Comments(4)
2016年 06月 24日

ダンガンツアー

e0068873_20501250.jpg
ゆるいお山を目指そうと思います。
心配なのはこの天気!
どうなる事やら・・・
[PR]

by utinopetika2 | 2016-06-24 20:53 | Trackback | Comments(4)
2016年 06月 23日

本降り

e0068873_2122433.jpg
アスファルトの割れ目に根を下ろしたドクダミやスギナ。
十分に潤う事が出来たのでしょう。

雨は一日中降っていたようで、外回りの人たちに聞けば、梅雨寒の一日だったようです。
[PR]

by utinopetika2 | 2016-06-23 21:27 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 22日

ひかえめ

e0068873_20584544.jpg
ひかえめながら、しっかり自己主張しているように見えました。
 (撮影は先日)
週末は雨なんですかねぇ~
[PR]

by utinopetika2 | 2016-06-22 21:09 | Trackback | Comments(2)
2016年 06月 21日

そこは勘弁してほしかったぁ

e0068873_20381863.jpg
新たにツバメの夫婦かやってきました。
今度は窓枠に巣を作り始めました。
直ぐ近くには、先日巣立ったばかりの巣が残されていますが、中古物件はイヤなのでしょうか・・・
建築中の巣は玄関窓の窓枠作られ、このままですと、窓を開けられない状態になりそうです。
既にクルマの屋根には、ツバメが巣作りに使う泥がたくさん落ちています。
そのうち、フンだらけになるのでしょう・・・(泣)


e0068873_20475998.jpg
ナツツバキが花を付けはじめました。
[PR]

by utinopetika2 | 2016-06-21 20:51 | Trackback | Comments(2)
2016年 06月 20日

移り変わる景色を楽しみながら

e0068873_1954241.jpg
何度も歩いているルートですが、少し季節が動いただけで、登山道脇を彩る高山植物も変わりますね。


e0068873_19541212.jpg
ユキワリコザクラがまだ咲いていました。
次回会えるとしたら、来年なのでしょうね。

山で怪我する大変!
昨日は救助に向かう人たちをみて感心していました。
  (撮影は昨日)
[PR]

by utinopetika2 | 2016-06-20 21:31 | Trackback | Comments(0)