点描2

petika2.exblog.jp
ブログトップ
2015年 02月 09日

リフレッシュできたのですが・・・

e0068873_21441124.jpg
今朝、ベットから起きる事が出来ないほどの腰痛。
何とか布団から這い出しましたが、前に屈む事が出来ず、靴も履けない状態になりました。
日中、職場を抜け出し病院へ・・・
診断の結果は腰の筋膜炎。
そういえば・・・
一昨日の夜、片足でスクワットを始めた途端、痛みが走り止めたのでした。
昨日山行の際は、気になるほどの痛みはありませんでした。


e0068873_21444286.jpg
腰の筋肉を鍛えるには腹筋と背筋なんだとか・・・
ほとんど体を動かさなくなり、スクワットだけの筋トレは、バランスを欠いたのでしょう。
体力的にはモンダイナシと感じていた昨日の山行ですが、意外とストレスがあったのかもしれません。
精神的には大いにリフレッシュ出来たのですがね。
今度は腹筋、背筋とも鍛えなきゃ!

腰痛ですが・・・処方された薬とコルセットにより、痛みはほとんどありません。
[PR]

by utinopetika2 | 2015-02-09 21:53 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : https://petika2.exblog.jp/tb/22794621
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by lilywhitesquirrel at 2015-02-09 22:29
お大事になさってください
素敵な山行でしたのに…雪面は体にきついのでしょうか
素人学ですが 腹筋背筋には腕立てが良いとか…
スクワットは腰を傷めないのが難しいとか…
まったく運動していない私が言うのは ダメですね
痛み止めに惑わされず 無理をなさらないようにしてください
でも 次の山の素敵な写真を楽しみにしています
Commented by utinopetika2 at 2015-02-09 22:50
lilywhitesquirrelさん
トレーニングしませんと、あっという間に衰えますし、鍛えれば、別の部位を痛めてしまうし・・・
情けないはなしてす。
雪面は体に優しいと思ったのですがね。
山で心身ともにリフレッシュ!とはいきませんでしたが、また行きますぞ!
Commented by SONE at 2015-02-09 23:25 x
朝方の仙台は雨だったのに、意外や意外、山の上は高曇りの登山日和だったのですね。
すっきり晴れないようでしたが、穏やかな雪山を楽しめて良かったですよね。
腰の方はお大事にしてください。
Commented by morino1200tb at 2015-02-09 23:53
腰、お互いに大事にしましょう。
たまには休むのも必要。
と言いながらお誘いします(^^)
Commented by torasan-819 at 2015-02-10 06:44
あらら~お大事に。
ワタクシもついつい張り切ってしまうので気を付けたいと思います。
Commented by utinopetika2 at 2015-02-10 21:11
morino1200tbさん
急激に劣化したような気がします(泣)。
また絶対誘ってくださいね。
Commented by utinopetika2 at 2015-02-10 21:13
torasan-819 さん
トラさんは、不死身のオトコだと認識しております。
でもま、レベル違いこそあれ、気を付けましょうね。
Commented by utinopetika2 at 2015-02-10 21:15
soneさん
泉区も雨でしたがお山の天気はまずますでした。
雲に浮かぶ山々は、いつみても良いものですね。
腰、なんとかしますので、またよろしくお願いします。
Commented by lc4adv at 2015-02-11 01:53
あらら、腰ですか。お大事に。
(↓)セントメリースキー場から雁戸山かあ。結構大変そうですね。
Commented by Clearwater0606 at 2015-02-11 18:13
お大事になさって下さい。腰は活動の基本ですから、早く良くなると良いですね。
Commented by utinopetika2 at 2015-02-11 20:55
lc4advさん
ありがとうございます。
腰は回復傾向にあります。
ゆっくり登ったためか、はたまたスクワット効果かはわかりませんが、筋肉痛にはなりませんでした。
Commented by utinopetika2 at 2015-02-11 20:57
Clearwater0606 さん
腰は要といいますよね。
実感しております。
早く完治してほしいと願っています。


<< 喧噪の中で朝食?      雲上の岳人たち >>